<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
日本財政の救済に増税は本当に必要? 2
 財政再建策として、増税も選択肢のひとつです。ただし、消費税の増税は、数ある増税策選択肢のひとつに過ぎません。

一時あるテレビ番組で提案していた貯金税の創設なども選択肢のひとつですし、別の既存税を増税する方法もあります。

そして、財政再建策としては増税だけが選択肢でありません。インフレターゲットによる官民挙げた取り組みも考えられるところです。
参考:消費税増税は必要ない!

私の私見は、まず公務員です。人件費はもちろん働き方、予算の使い方など総合的に感覚がおかしいと感じています。

まず人件費。国家予算に占める国家公務員の人件費はどのくらいなのか考えたことがありますか?

「平均年収×公務員数=総人件費」 なのですが、もとになる数字があてになりません。この点がすでにおかしいのですが、財務省公表では4兆円台となっています。
参考サイト:国家公務員vs.会社員 給与差は?
      国家公務員の人件費
         公務員の人件費は実に40兆円

何かというと、国会議員の定数と待遇が表に出て、公務員のことは陰に隠されていますが、国会議員は百人単位の人数です。人件費を含めた総費用は、公務員のそれに比べたらたかが知れています。もちろん、改善・是正は必要ですが・・・。

困ったのは、現代日本において「絶対的勝ち組」の国家公務員の美味しいところを、地方公務員もそっくり真似ているということです。中には、地方の大変さを理由に国家公務員より良い待遇をせしめている地方公務員も珍しくない状態。

国家公務員と地方公務員を合わせた人件費総額は、別々に公表されている公務員数や平均年収などから、なんと40兆円にも達するとの試算もあるのです。

国家公務員と地方公務員の人件費と予算を一考すれば、消費税増税どころか、本当は消費税そのものも必要ないのかも知れないと思っています。

次回はもう少し具体的に掘り下げます。  続く・・・
日本財政の救済に増税は本当に必要?
 このブログに政治的なことはなるべく書かないようにしているのですが、どうにも我慢できなく、少しだけ書かせてください。

本日、消費税増税案が閣議決定された旨の報道がありました。

思えば、「国民の生活が一番」との触れ込みで政権を獲った民主党。どうして、「不退転の気持ちで・・・、政治生命をかけて、消費税の増税に取り組む!」となるのか不思議です。

真っ当な人間なら、「不退転の気持ちで、政治生命をかけて、国民に負担を強いることなく日本国の財政を立て直します。」となるのではないでしょうか。

どうして、政治生命をかけて国民に負担を強いる法律を造ろうとするのか、そして「国民の生活が一番」がどうして増税になるのか、総理大臣になるほど頭の良い人の脳細胞の構造は、私のような凡人には理解できないようです。

私は、増税が嫌で近視眼的な気持ちでいるのではありません。金融機関に長年在籍していたこともあり、現在の日本財政の危機的状況は、余りにも前でどのくらい前か忘れましたが、国債残高が増え始め、減る傾向も材料も見えない頃から懸念を感じていました。

確かに、危険水域を遥かに超えており、早急に何とかしなくてはなりません。

かつて、「構造改革なくして、財政再建なし。」と言って大人気を博し、総理大臣になった自民党の小泉氏。彼がやった改革は、まず弱いところに我慢を強いて、強いところを切るふりをしながら任期満了となっただけ。まさに筋書き通りの茶番です。

結果的に、民間に過度の競争原理が導入され、負担が増えた企業は利益が上がらず税収は落ち込む一方。役人の許認可権を緩めるといいながら、結局、日本のあらゆる業種は、「当局」という名の監督官庁に牛耳られることになってしまった。勝利したのは役人です。

今回の消費税増税も役人の筋書き。民主党政権は、「官僚主導からの脱却」には程遠く、すっかり役人の掌の上で踊らされ、一生懸命、増税路線を走っていると感じています。

政治能力がなく、官僚の思いのままに踊らされている民主党政権。そう、菅→野田政権は、かつての自民党より、もっと自民党になってしまった感があります。

ちなみに、鳩山政権をそれなりに評価している。と言ったら違和感を覚える方も多いと思いますが、本気で「官僚主導からの脱却」を試みたり、沖縄のアメリカ軍の県外・国外移設に本気で取り組んだのは、彼が初めてだったと思います。それだけ政治家として稚拙だとも言えるのですが。

稚拙でも、まだ純粋でした。本気で自民党ではできないことをやろうとしていましたし。そして、いとも簡単につぶされました。私の見方ですが、こんな角度からの見方もあると思います。

小沢氏も同様です。役人に警戒され過ぎました。つまらないことで検察が介入し、無罪になりそうなら、次は国税庁が出てきて小沢タタキをする予定だとか。正面から役人を敵に回すとろくなことにならないようです。

続く


消費税増税は必要ない!
山形⇔東京 車で日帰り 4
 さて、未知の世界を乗り切って、無事に目的地に到着した私は、午前中の予定をこなしました。昼食は大好きなラーメン。折角、都心まで来たので、少し足を延ばし銀座でラーメンを食べることにしました。

実は、銀座でラーメンを食べるのは前回に続き2回目。何処が美味いのか模索中なので、前回とは別の店に入りました。

ラーメンについては別に詳しく書き込みしますので、今回は結論だけ。

不味かったです。つけ麺なのですが、面に油が絡めてあるため、面をタレにつけるためと食べるため2度すくい上げるのに難渋。箸を持つ右手の指はもちろん手首まで疲れてしまいました。

脂っこい食べ物が大好きな私ですが、ここまで油(脂)まみれだと食べ終わった時には気持ち悪くなってしまいました。人の好みは千差万別ですが、天下の銀座にもこんな店があるのかと驚きです。

午後の用事も手早く済ませたので、今回は早めに帰ることにします。何しろ長い道中。明日も仕事なので体力優先です。

というわけで、PM3.00帰路につきました。単純に往路を変えるだけのコースなのですが、首都高のジャンクションはカーブが逆なので、事前に走行車線を調整しながら無事川口JCTを通過。

そのまま直進し、浦和ICで東北自動車に入りました。途中PM6.00頃、周りに車が多くなったことに気が付きました。幸い少し速度が落ちましたが渋滞せずに進んでいます。

思えば、ここは福島県内。高速料金が無料地帯です。そして帰宅時間。そう、夕方まで仕事をしていた人たちの帰宅ラッシュに遭ってしまいました。

     

そもそも、何故被災地支援といいながら福島以北だけ無料なのか、私は初めから大きな違和感を持っていました。普段一般道を通る通勤車が無料になるのを否定はしませんが、もっと大きな目的があったのではないでしょうか。

被災地への援助や物流を優先すること。被災地への観光者を増やすことにより被災地の活性化をはかること。チョット考えてもそんなことが思い浮かびますが、それなら、福島以北でなく東北道の起点から無料にすべきです。時期的にも雪に閉ざされる冬場でなく、もっと暖かい時期が望ましいと感じています。

     

いい加減な行政に少し憤りを感じつつ、車は村田JCTから山形道に入り関沢ICへ。ここから約10分で自宅到着です。

帰路の所要時間は5時間15分。トイレタイム数回を入れてです。往路より少し飛ばしたでしょうか、このプリウスは時速100劼阿蕕い砲覆襪版拡颪少し落ちます。80劼阿蕕い燃費的には一番良いようですが、所要時間が長くなるので相対的にどうでしょう。

座席シートは先日まで乗っていたセドリックに比べ固くて狭いのですが、心配したほどの疲労感もなく、往復10時間余のドライブをこなしました。

走行距離781辧∧振冉拡21.6辧.織ぅ笋普通タイヤならもう少し伸びるかも知れません。ガソリン満タン(約40ℓ)で東京往復しまだ余裕があるのは嬉しい限りです。

費用的には、栃木県以南の東北道が3250円×2(往復)と首都高700円×2、ガソリン代40ℓ×@135円として、合計13,300円でした。高速料金はETC割引された金額です。

    







山形⇔東京 車で日帰り 3
 ところが、出発してすぐ、ナビの予想到着時間が余裕ゼロとなってしまいました。後で分かったのですが、渋滞情報が入って必要時間が修正されたようです。

リアルタイムの道路状況が入るとは予想していなかった機能。嬉しい誤算ですが、時間がありません。

ここからはノンストップを覚悟して、スピード・アップ。燃費よりもスピード優先です。何しろ首都高は未知の世界。何が起きるか分からないため、少しでも時間に余裕が欲しいところです。

羽生PA、蓮田PAを経て、浦和IC。高速バスで通った風景を思い出しつつ、ナビの音声を大きくしました。今のところ、頼りになるのはこのナビだけ。心細い限りです。

いよいよ、川口JCT。ここは直進。ゴーアヘッドです。

高速バスで来た時の記憶では、次のジャンクションである江北JCTの近くになれば、右側に大きな川が見えるはず・・・(川の名は知りません)。

しばらく進んだところで川が見えてきました。近くに高層マンションが立ち並び、いかにも都会風の雰囲気です。この江北JCTを右に進み、板橋JCTを目指すのですが、江北JCT付近から渋滞。

    
     写真は江北JCT終了直前付近、間もなく中央環状線と合流する地点

田舎で高層道路が渋滞することなど考えたことがありませんが、紛れもなく渋滞しています。江北JCTを過ぎたところで、次の板橋JCTでは左に入ることになるため。左の車線に変更しなくてはなりません。

渋滞中のノロノロスピードで他人の前に割り込むのは気が引けますが。早めに対応しておかないと、後々の予測が付かないので、ここは少しとろい車の前にチョット失礼・・・。一応ハザード・ランプを2〜3回。

結局、この渋滞は板橋JCTまで続いていました。どのくらい時間をロスしたのか考える余裕もなく、高速道という名の低速道路にイライラ・・・。

    

板橋JCTに入ると、スピードが出始めました。熊野町JCTはそのまま左車線を維持することで難なく通過。でも、これはナビの案内があったればこそ迷わずに走行できたもの。地図だけでは到底無理だったような気がします。

ここから先は、本当の意味で未知の世界。高速バスで来たのは新宿まででしたから、ルートがそれてしまいました。

竹橋JCT、神田橋JCTなども直進とはいえ、ナビの案内が頼もしいこと。無事、江戸橋ICに到着。10時の予定に10分程度の余裕をもって目的地に到着することができました。

所要時間5時間50分ですが、実質走行時間は約5時間でした。これで帰りの時間も計算できそうです。

続く・・・

     










山形⇔東京 車で日帰り 2
  さて、AM3.50 少し余裕をもって出発。ここ数日天気が良くて雪は溶け路面は乾燥状態ですが、出発してすぐ奥羽山脈を超える(途中トンネルになっていますが)ため、標高はどんどん上がります。

       

未明のこの時間帯。乾燥しきれなかった路面は、凍結しているので要注意です。

15分程度で関沢ICから山形自動車道へ入りました。直ぐ笹谷トンネル、この時期、トンネル内の路面は凍結の心配がないので安心。

トンネル内で宮城県に入りました。宮城県といってもトンネルを抜けた直後は路面凍結を注意しながら平野部への下りに入ります。

川崎IC頃には雪の気配はほとんどなくなり、路面も乾燥状態、スピードアップします。

まだ、早朝というより未明のこの時間帯にもかかわらず、交通量は結構あります。そのほとんどというより私以外は全部長距離トラック。ものすごい数です。

私たちが不自由なく生活できるのも、徹夜で物流にかかわる方のご苦労があることを感じたのは、私の中での新たな発見。感謝の念を抱きつつ、車は村田ジャンクションへ。

ここから東北自動車道に入ります。普段、仙台に行くことの多い私は下り車線に入ることは慣れているのですが、今回は間違わずに上り車線へ。

さらにトラックが多い東北自動車道に入った時点で、約40分経過。

蔵王PA、国見SA、福島松川PA、吾妻PAをスルーして一気に安達太良SAまで。ここで最初のトイレ・タイム。ここまで約1時間30分。なお、国見SAの直前で福島県に入りました。順調です。雪がなくてスタッドレス・タイヤが惜しいような・・・。

    

安達太良SAでは5分程度の休息。その後、安積PA、鏡石PA、阿武隈PAをスルーして栃木県に入り、那須高原SAで2回目のトイレ・タイム。何しろまだ夜明け前、トイレと自販機ぐらいしか空いていません。することもないので、ここも5分程度ですぐ出発。

    

そろそろAM6.30空が少し明るくなってきました。しばらくぶりで夜明けに立ち会うことになりそうです。

    

黒磯PA、矢板北PAをスルーしたところで時間的には順調すぎる感じ。上河内PAで小休止を兼ねてトイレ・タイム。AM7.00を少し経過した時間。夜は明けたようです。

   

その後、大谷PA、都賀西PA、をスルー。周りはいつの間にかトラックの数は減り、普通車が多い通常の風景になっています。

佐野SAで本格休憩。持ってきたオニギリで朝食です。予想到着時間が1時間以上も早いので、SA敷地内を散歩して40分ほど時間調整をしました。AM8.00頃〜8.30。

続く・・・

    

山形⇔東京 車で日帰り 1
 先週、所要があったので東京に行かざるを得ないことに・・・。

私は3か月に一度程度、東京に行く用事があるので、その度に山形新幹線にお世話になっているのですが、今回は予定外のことで予算がありません。

そこで、東北自動車道が東北の太平洋側が無料であることと、先日、車を燃費の良いプリウスに取り替えたこと、の2つの理由から車の試運転を兼ねて車で行ってみようとなった次第。

ルートは山形県側の山形自動車道は平日有料なので、利用範囲を最小限にし関沢ICから入り都内の江戸橋ICで降りるルート。

自宅→(一般道)→関沢IC→(山形自動車道)→(東北自動車道)→(首都高速道路)→(川口JCT)→(港北JCT)→(板橋JCT)→(竹橋JCT)→江戸橋IC→目的地

■ 事前の準備など
ガソリンは満タン、タイヤの空気圧もチェック。不慣れなカーナビも目的地をセットし、ルートが東北自動車道と首都高を通るルートであることを確認。ETCカードも確認。

ルートは事前にネットでも確認していたが、ナビのルートも同じなのでひと安心。念のため、広域のマップが必要になる場合も想定し、ネットの地図をプリントアウト(考えすぎか??) 

何しろ、自分の運転で東京まで走るのは初めてのこと。体力、睡眠不足、ルート間違い、所要時間の読み違いなど不安がつきない。

特に、首都高に入ってからはジャンクションが多く、何処かで間違えそうな気がしてなりません。

      

■ 就寝と起床
前日はPN9.00就寝。あまりに早い時間で眠れるのか心配だったが、結構熟睡できた。

AM3.00起床。洗面、着替え、持ち物とルートの最終確認の後、気を落ち着けて、お茶を一服二服・・・。

AM3.55 さぁ、出発。プリウスの場合、セルの音がしないので近所迷惑にならないのが嬉しい。


続く・・・


        















  
新年あいさつ
 明けましておめでとうございます。

今年も、我ながら似合わない「ダンディズム」を標榜しつつ、
持つことで人生のクオリティがアップするような商品を紹介したいと思っています。

今年もどうぞよろしくお願いします。
    2012年元旦

*************************************
実は、私はハワイ大好き人間。
とはいえ、何度も行っているわけではありません。
 ※ハワイの風とアロハのこころ

芸能人やお金持ちは、正月はハワイで暮らすのが定番のようです。
そんな人達を羨望の目で見るだけの私は、ハワイの画像で我慢です。

せめて初夢はハワイに行きたい・・・

以前泊まったコンドミニアムからの眺望


ダイヤモンド・ヘッドからの日の出


コンドのリビングと眺望。
2ベッド2バスルーム(各トイレ付)+リビング+キッチン





  人気!イチオシ!ハワイツアーならジャルパック





紅葉狩りと雲海の景観
  先日、午後の時間帯にたまたま時間が空いたことから、近くの蔵王山系に紅葉見物に出かけてきました。

少し前には山頂付近に初冠雪があり、紅葉と雪景色のコラボに観光客は喜んだようですが、今日の紅葉狩りはイマイチでした。紅葉を待たずに茶色に変色し落葉寸前の葉が多く、鮮やかな色彩とは行かないようです。

 

まだ、山頂の少し下に位置するあたりがそんな感じで、もっと下はまだ紅葉には至っていません。ここ数日、朝晩が冷えて昼は比較的暖かい日が続いているので、これから紅葉を迎える標高が低いところの紅葉は期待したいところです。

 

いずれにしても、紅葉はその年の天候次第。自然の活動に人の手が及ばないところがまた魅力です。

秋の日没は比較的早く、16時を過ぎた辺りで山頂付近でも夕暮れが近いことを感じてしまいました。帰路の途中、逆行となった朝日連邦から月山にかけての景観と、その下に下界を覆うように広がる雲海が、思わず息を呑むほどの美しさ。

  

これも自然が作り出す見事な景観。地球全体からみれば小さな島国の日本といいますが、雄大な自然の営みを感じつつ、明日は今日の分も仕事です。





 


米沢ラーメンと喜多方ラーメン 食べ比べ
 先日、山形県の米沢と福島県の喜多方にドライブに行ってきました。

三連休だったのですが、最初の2日は仕事の残務整理やらで時間が取れず、3日目にして時間が取れ、さて「好物の米沢ラーメンでも食べに行こうか」となったのです。さらに、折角の連休だし少し足を伸ばして、通ったことの無い大峠道路(国道121号線)を通り喜多方ラーメンを食べに行くのも面白いのでは・・・となった次第。

ところが我家は朝が弱く出発が10時過ぎ、米沢に到着したときには既に11時30分を経過。馴染みの米沢ラーメンが恋しくなってしまいました。

とりあえず米沢ラーメン食べて、大峠を越えて喜多方に行き、その辺ブラブラしてたらまた腹もこなれるだろう、そしたら喜多方ラーメンも食べられるじゃないか、と米沢ラーメンの魅力に負け都合よく軌道修正。

米沢ラーメンは、全国的にはあまり有名ではないと思いますが、これが相当美味い。

超チヂレの細麺で少し白色がかっているのが特徴で、この麺がスープを良く絡めるのです。また、全国的にはラーメンの美味しさをスープに求める傾向があるなか、米沢ラーメンは麺自体が美味い。否、麺自体の味を追求しているのは、山形県全体のラメーンにいえることかも知れません。

この点に関しては、彼のラーメンの鬼:佐野実氏のお墨付きなのだとか・・・(ウワサです)

また、スープはあっさり素朴な醤油味。これもウワサですが、魚介類系のダシのようです。私の主観ですが、このスープ味がその日によって微妙に濃さが違う感じがして、日ごとに仕込んでいることを実感することができます。

我家の行き着けは「熊文」という米沢ラーメンの店。店に着くと既に行列ができていましたが、12時前に米沢ラーメンを堪能終了しました。(写真を撮るのを忘れていました・・・謝)

   

その後、大峠を通って喜多方へ。峠超え辺りの紅葉はまだ早いようです。
思ったより早く喜多方に着いてしまいました。まだ米沢ラーメンが消化されてなく、というより満腹状態です。ラーメンとともに喜多方で知っているのは「蔵の町」であること。折角来たのだし、蔵の町を観てみるかと道の駅で情報収集。蔵とラーメンのパンフレットを入手して街中へ。

   
なかなか駐車場が見つからなかったのですが、甲斐本家蔵座敷に来館者用の駐車場を見つけ駐車。そのまま同蔵座敷を見学しました。(入場料400円) 喜多方市観光ガイド 

味噌・醤油の醸造所の蔵、座敷蔵、店舗蔵など一見の価値あり。時間を決めて説明もしてくれます。圧巻は51畳の座敷蔵、木製の螺旋階段、黒漆喰の壁など。観て良かったと思いました。

   

その後、車はそのままに(甲斐本家様すみません)、周辺の蔵を見ながら町中をブラブラ。久しぶりに観光らしい雰囲気に浸りました。

時間は17時、ようやくお腹がこなれてきました。気が付くとあれほど活気があったラーメン屋さんが次々閉店し始めています。ラーメン屋さんは昼だけか、と今頃気がつき、慌てて開いているラーメンやさんに入りました。

店名は「蔵美」さん。店の都合でラーメンの出来上がるのが遅くなってしまったとかで(私はそんなに気にならなかったのですが・・・)、チャーシューを1枚追加してくれました、ラッキーです。カミさんはチャーシューを食べないので、それも私の丼に移動。チャーシュー麺のようになってしまいました。

麺の色は熊文に比べて黄色が強いのですが、一般的な麺と比べると普通でしょうか。太さは太麺の部類に入ると思います。そして結構縮れています。熊文に比べて相当硬い感じ、否、腰が強いと表現すべきかな?。

スープは醤油味ですが、ダシの素はよく分りませんでした。熊文よりやや濃い目の味付けで、太麺との相性が良い感じです。

チャーシューはGOOD。味付けも濃過ぎずコクがあります。美味しさが後から湧いてくる感じ。それでいて麺の引き立て役である自分をわきまえているのか、しつこくありません。

   

全体的にやはり美味い、有名なだけでなく実際に相当レベルが高いと感じます。

あくまでも主観ですが、米沢ラーメン「熊文」さんと喜多方ラーメン「蔵美」さんの比較。
厳密には、麺もスープも少し米沢ラーメンが私の好みです。チャーシューは喜多方の「蔵美」さんが随分美味しいかな。
カミさんは、どちらも各々の味があり甲乙つけ難しという感想でした。
 
喜多方ラーメンは少し早めの夕食となってしまいました。
秋の日暮れは早く、もう暗くなっています。大峠を戻り米沢を経て帰宅です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


東北は頑張っています。
ラーメンを通して応援することも可能です。

    がんばれ東北!ラーメンを食べて東北を応援しよう
    ¥3,150〜 

   
         【画像提供:夢隊web様】 

仙台に行ってきました
 今日は仙台での仕事があるので、朝一で仙台へ。
午前中に仙台での仕事に目処をつけ、昼飯は私の超大好物の「天下一品ラーメン」を食べに仙台バイパス店へ。

久しぶりに、コクがありこってりした味を堪能してきました。
興味のある方は、こちらです。
           ↓ ↓ ↓
   

さて、早いもので、3.11大震災から間もなく7カ月になろうとしています。

不動産登記を生業としている私としては、被災地の状況、特に土地と建物の状況と復興策、復興状況、個々人の不動産に係る権利保全などの観点から、現地の状況が大いに気にかかっていたのですが、他人の不幸を興味半分覗き見するような気がして、今日まで現地に行くことを躊躇していました。

今日は、久しぶりに仙台での仕事があったので、現在の状況を少しこの眼で見ておこうと意を決し、海岸線近くに車を向けることにしました。

 
まだ、車が放置されたままのものもあります。(ほとんど無いのですが)
一帯は農地だと思われますが、耕作はしていません。一部、除塩作業らしきことをしているところもありました。


 

 多分、木々が並んでいるのは砂浜沿いの防風林の跡と思われます。つまり、あの木々の向こうが太平洋。

手前の基礎だけ残された家屋跡とともに寒々とした光景ですが、津波のチカラと恐ろしさを感じます。自然に対し、人力の無力さを感じずにはいられません。





 突然、道路傍に船が・・・。言葉を失います。


この後、仙台空港まで行ってきましたが、被災した空港自体はほぼ復旧した様子で、以前のような賑わいだったのが救いです。
でも、三階展覧デッキ中央にあった、でかい地球儀は何処へ行ったのだろう。あれを見ながら、こんどはどの国に行こうなんて考えるのが楽しかったのですが・・・。




Back to Top▲