<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
折りたためる!リングロッキングチェア
          
             【画像提供:夢隊web様】 

 ロッキングチェアとは、通常の椅子が四本の足で支えるのに対し、左右それぞれの前後の脚に、カーブを付けた板や曲木または金属を設置することにより、体の重心移動や脚を揺らすことで椅子を前後に揺らすことが出来る椅子である。

また、揺らさない場合には、座る者の体の重心が落ち着くところまで傾斜してくれるので、もっともリラッキスできる位置をキープしてくれる。

機械式ではなく、座る者が動くことによりゆっくり揺れるロッキングチェアは、「優美な椅子」として長い歴史のなかで評価されている。

ロッキングチェアが何時発明されたのかは不明だが、18世紀アメリカがまだイギリスの植民地だった時代には既に使われていたとされている。

そういえば、子供のときに見た西部劇映画にそんなシーンがあったような気がするのだが、私の記憶違いだろうか・・・

その後、19世紀後半、ドイツの職人ミヒャエル・トーネットが、木材を蒸すことにより曲げた「曲木」を使用し、優美な曲線がを持つ斬新なデザインのロッキング・チェアを発売した。

これはロッキングチェアに対する従来の固定観念を覆すものであり、トーネット社を興した彼は、その後も斬新なデザインのロッキングチェアを発売し続けた。

20世紀には、彼のほかにも独自のデザインを用いたロッキングチェアを発売する者が現れ、ロッキングチェアは独特の椅子としてその地位を確立している。

季節が良くなった。ベランダや庭の木陰でロッキングチェアに揺られるのも良し、大画面テレビで大好きな映画を観ながら寛ぐのも良し・・・。
 
  折りたためる!リングロッキングチェア
  ¥15,750

憧れのロッキングチェアだが、その独自性故に常時使用するわけではないだろう。といって、置きっ放しのスペースがあれば良いのだが・・・。

使わないときは仕舞うのが基本。これはロッキンク゜チェアと言えども例外ではない。2つのリング型のフレームをX型に組み合わせたこのロッキングチェアは、折りたためば幅25cmのコンパクトサイズ。このまま納戸の片隅に置いても場所はとらない。

近未来的かつ合理的なデザインと5.6圓猟況變未特徴のこのロッキングチェアは持ち運び自由。我家で最高に居心地の良い場所を探すのが楽しくなりそうだ。

 

●セット内容/フレーム、シート、組立用ビス、レンチ
●サイズ/長さ157×幅78(収納時:25)×高さ92cm
●材質/フレーム:アルミ、シート:ポリエステル(Textilene)
●中国製
●重さ/5.6kg
●仕様/組立時間目安:約5分、耐荷重:120kg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 
           

スポンサーサイト
- | - | -
Comment
TRACKBACK URL
TRACKBACK

Back to Top▲