<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
一台五役手廻し充電式LEDラジオライト
  東日本大震災からもう少しで3ヶ月が経とうとしている。

スマトラ沖大地震のときは、3ヶ月後に最も大きな余震があったとかで、もう少し安心できない。

震災対策や原発対策に当事者意識がない日本行政の大ボス。彼と彼をボスの座から引き摺り下ろそうとする勢力の茶番劇を見せられ、ともすれば忘れられがちだが、震災は未だ継続中と考えておかないと、とんでもないことになる。

何しろ千年単位の大震災となれば、3ヶ月や4ヶ月は一瞬である。まだ、大きな余震の可能性は残っていると考えるべきだろう。

一日も早い復興に熱が入ることは必要なことだが、同時に、何時起きるか分らない余震の可能性を忘れず防災対策を万全にしておきたい。少し落ち着いている今だからこそできることでもある。

振り返れば、あの時、最も大切なものは情報と照明であった。しかも、電力供給が停止した状態でそれを確保する必要がある。

震災直後の正確な情報は、その後取るべき行動を判断するのにどうしても必要であることを実感した。この情報の入手速度が自分と家族の生死に直結するものであることも経験した。

それならば、どのような状態でも稼動するアイテムが必要である。電力供給の停止はもちろん、電池切れでも大丈夫なヤツである。

幸い、震災前には数少なかった「使える」製品が、ここに来て続々販売されるようになった。
今回の震災のためだけではない、次の災害も何時来るのか分らない。これを機に、防災グッズの最重要事項として、情報と照明を確保したい。


  一台五役手廻し充電式LEDラジオライト
  ¥3,980


 電池もなく電源も確保できない状況に陥ったとき、自身を守ってくれる1台5役の手廻し式充電LEDライト&ラジオ。電池不要で動くので緊急時にもすぐにLEDライトとして、ラジオとして使え安全を確保できる。

さらに、携帯電話の充電ができる機能は被災時に心強い。また、大声で救助を呼べない状態を想定し、サイレンと非常救難灯も搭載している。

電源の供給がある場合は、ACアダプタを使用し電源を確保することもでき、シーンに合わせて使い分けできる配慮がなされている。これなら「使える」防災グッズとなりそうだ。

  

●セット内容/本体、携帯電話充電コネクター×3、接続コード
●サイズ/幅8.3×奥行17.5×高さ9.8cm
●材質/本体・ハンドル:ABS樹脂、レンズ:スチロール樹脂、アンテナ:ステンレス鋼
●中国製
●重さ/300g
●仕様/FMラジオ:周波数70.4〜10.25MHz対応、携帯電話充電:DoCoMo、Foma、au、Softbank(一部使用できない機種もあります)、LEDライト:耐久性約10,000時間、非常灯、サイレン
●6カ月間保証書付

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~[関連商品]~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 NEW地震感知充電たまご       パワービュー LEDフラッシュライト
 ¥6,980                      ¥2,680
      


 販売しているのは、ユニーク&実用性に富んだ商品を多数取り揃えている楽しい通販サイト「夢隊Web」様
       憧れの趣味モノから話題の生活雑貨まで勢ぞろい【夢隊web】


          



スポンサーサイト
- | - | -
Comment
TRACKBACK URL
TRACKBACK

Back to Top▲