<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
雨水タンク50リットル
      
                【画像提供:夢隊web様】  

  暑くなって来た。節電しようと思うプレッシャーが余計暑さを煽るようだ。情けない。

節電は、この度の原発事故に伴い、必要に駆られて叫ばれているものだが、必要以上の冷房、原子力や火力/水力による自然に逆らうことにより生み出して来た電力源、日陰や風通しなどの自然と共生する感覚の欠如など・・・、近視眼的に快適さを追求してきたことのツケが回って来たように感じている。

もう少し、適度の涼感で過ごすこと、もっと言えば、夏の暑さを楽しむ感覚が大切なのかも知れない。換言すれば、自然を感じながら自然と共に生きる感覚である。

そのことは、節電と言う形で取り上げられている「電気」に限ることではない。

ダムは広範囲の自然を破壊し、場合によってはそこに住む人々の生活を壊し、他に移住させることも普通に行われている。

「河川氾濫による防災」と「より安全な飲料水」の確保という大義名分の下、未だに自然破壊が続けられていることは実に嘆かわしい。

人がこの国土に住むために必要なものはある。最小限の自然破壊は致し方ないにしても、土建屋産業を維持するために、順次自然が破壊されているように感じるのは考えすぎだろうか・・・。

水も生活インフラとして大切なものであることは、先の3.11大震災で再認識した。「節水」も大事なことである。

私はささやかではあるが、庭への散水用として雨水を利用している。

散水や洗車に貴重な水道水は必要ないのである。私の住む街では、今回の震災で断水にはならなかったが、万一断水時にはトイレ用の水としても使用できると思っている。

大幅に自然を破壊して作り上げたダムの水を散水用に使用するのは勿体ない。「雨」も自然の恵みであると考えれば、上手く利用したいと思うのが自然ではないだろうか。

  雨水タンク50リットル
  ¥14,700  (連結用 ¥13,000)

雨水を溜めておけば植木への散水、車の洗車はもちろん、防火用水としても使うことができる雨水タンク。必要に応じて連結用を追加すれば100リットル、150リットルと溜めることも可能となる。

雨水は水道水と違って塩素が含まれていないため植物には嬉しい水である。さらに、タンク上部のフィルターを通してゴミを取り除くのでキレイに貯水することができる。何よりも、水道代が節約できることが嬉しい。

  
  

●タイプ/01:本体、02:連結用
●サイズ/タンク:幅74×奥行22.5×高さ49cm
●材質/ポリエチレン、ウレタンフォーム、他
●重さ・タンク容量(約)/01:4kg、02:3.6kg、50リットル
●仕様/耐熱温度80度、耐冷温度−20度、設置に必要な面積:約40×90cm、01:径55・60mmの雨どいに接続可
●日本製

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~[関連商品の紹介]~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 多目的洗い場「ポリブネ洗太郎」   水分センサー付 簡単水やりタイマーセット
 ¥7,800                     ¥16,800  
         



 販売しているのは、ユニーク&実用性に富んだ商品を多数取り揃えている楽しい通販サイト「夢隊Web」様
     憧れの趣味モノから話題の生活雑貨まで勢ぞろい【夢隊web】


              
 

スポンサーサイト
- | - | -
Comment
TRACKBACK URL
TRACKBACK

Back to Top▲