<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
時計バンドや眼鏡などの洗浄には、ハイスペック超音波洗浄器
        ハイスペック超音波洗浄器による時計バンドの洗浄 
       
              【画像提供:夢隊web様】 

時計バンドの洗浄?

 外出の際は何時も身に付けている腕時計。時計自体は置いておくにしても、バンドの部分は外側には埃が、内側には汗が付いているわけだが、皆さんは洗浄したことがあるだろうか?

私の場合、恥ずかしい話し、腕時計を使用し始めて、ン10年。バンド部分の洗浄をしたことがない。金属性なので、汗が滲み込むという感覚がなく、洗浄の必要性を考えたこともなかった。


相棒は大事に

 上述したが、何時も行動をともにして時を刻み続けてくれる腕時計。その分汚れているのは当たり前。表面からは見えないが、蛇腹の隙間には長年の垢がこびり付いているのだろう。

ドロなどを受け外的に汚れたとき、時計本体を庇いつつ水洗いすることもあるが、考えてみれば、その程度の洗浄で追いつくとは到底思えない。

私が現在使用している腕時計は、生涯で2台目。長い付き合いになる。ある意味、人生の相棒のようなものだ。その腕時計、随分ぞんざいに使用してきたものと申し訳なく思えて来た。
  
       

         ※ 私の腕時計についての記事

洗浄方法

バンド部分とはいえ腕時計の一部である。ブラシでゴシゴシやって傷を付ける訳には行かない。第一時計本体に水がかかったら故障の原因になってしまう。

ということで、洗浄には超音波洗浄が無難であり効果的であろう。


超音波洗浄とは

 超音波とは15〜400kHzの波長の音である。この音により、水中に微細で大量の泡の発生とその泡の破裂によるエネルギーを発生させ物体を洗浄するものである。

ちなみに、人体が聞くことの出来る波長は12〜20kHzである。

波長の周波数が高いほど泡の発生が多くなり、その破壊エネルギーも大きくなる。
     
     
                【画像提供:夢隊web様】

腕時計だけではない、汎用性は工夫しだい

 腕時計のバンド部分の洗浄について説明してきたが、この洗浄機で洗浄できるものはまだまだ考えられる。

眼鏡、リストバンド、アクセサリー、コイン、宝石、レンズ、文具 etc・・・ 

上手くすれば電子機器の部品だって洗浄できる。方法を工夫すれば汎用性は広がるはずだ。


   ハイスペック超音波洗浄器
   ¥4,800

≪商品アピール≫

超音波の振動数は何と45000回/秒! 水中に目に見えない微細な気泡を発生させ、ミクロの隙間に入り込んで汚れを粉砕、時計バンドや眼鏡の隙間に詰まった皮脂汚れや、チェーンのクスミなどを一掃してくれる。

洗浄時間の目安は3分。たった3分で大切な貴金属や眼鏡をピカピカにしてくれる。何よりも清潔なのが嬉しい。

 
                  【画像提供:夢隊web様】 
●サイズ/洗浄槽:幅15.5×奥行8×高さ4cm、本体:幅19.8×奥行12.4×高さ11cm、コード:1.5m
●材質/本体:ABS樹脂、蓋:アクリル樹脂、洗浄槽:ステンレス
●中国製
●重さ(約)/630g
●仕様/超音波周波数:45,000Hz、洗浄槽容積:約450ml(上限基準線:約350ml)、自動停止機能(約3分間の作動後)、加熱防止保護回路内蔵
●電源/AC100V
●消費電力/22W
●付属品/蓋、時計ホルダー
●1年間保証書付


 販売しているのは、ユニーク&実用性に富んだ商品を多数取り揃えている楽しい通販サイト「夢隊Web」様
      ファッション雑貨から趣味モノまで大集合!【ゆめたいweb】


                 


スポンサーサイト
- | - | -
Comment
TRACKBACK URL
TRACKBACK

Back to Top▲