<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
東北を応援しよう!「東北有名ラーメン店セット」
            東北有名ラーメン店セット 
     
               【画像提供:夢隊web様】 

ラーメン雑考

 ラーメンとは不思議な食べ物である。

スープの深い味わいは、素材と製造方法を容易に想像させてくれない。一箸口に運ぶと、一瞬にして夢中になり、気が付くと完食まで食べ切っている。

店や地域によって随分味が違うし、スープのベースが醤油や味噌、塩など種類毎に特徴的である。もちろん、面自体も太いもの細いもの、縮れが強いものストレートなものなど千差万別。それでいて全てをラーメンと呼ぶ範疇に属している。

ちなみに、日本人で最初にラーメンを食したのは、かの水戸光圀(水戸黄門様)であるという説がある。

中国の儒学者が水戸藩を訪問した際献上したらしいと言うのである。その後、光圀は隠居所の訪問者に中国の汁麺をふるまった記録が存在していると言うのだから信憑性もある。何とも夢があり楽しいことだ。


ラーメンの起源

 ラーメンはもともと中国の食べ物であると思っている方が多いと思うが、それについて私は異論を持っている。

明治・大正時代にかけて、日本国内に中華街が構成され、その中華街の料理人を引き抜いて中華料理を提供した東京の「来々軒」「大勝軒」などは有名である。

一方、札幌でも中国人コックが作る評判の中華料理店「支那料理 竹家」などが知られている。

そういう意味で、中国の麺文化をベースにしているのだが、ラーメンの味が日々進化していることは皆さんもご存知のことだろう。

明治・大正の時代から、この庶民的なメニューをより日本人の口に合うよう常に改良が続けているのである。今日のスタイルはその日々の改良の積み重ねの上にあり、既に中国の麺とは随分乖離し異質のものになりつつある。むしろ日本独特の食文化の範疇に入れるのが自然であると感じている。

こうしている間にも、新進気鋭のラーメン職人達の努力が続けられ、ラーメンは進化し続けているのだろう。


ラーメンの呼び名

 明治時代には、「南京そば」との称する麺があったが、これは現在のラーメンに繋がるものか否かは確認されていない。

 その後は「支那そば」と言う呼称が昭和20年代まで続いた。私の子供時代にも、年配の方はこの言葉を使用していたのを記憶している。

その後、支那という単語の使用自粛があり「中華そば」と呼ぶようになったが、昭和30年代のインスタント・ラーメンのブームにより、「ラーメン」の呼称が使われるようになった。

もともと「日本蕎麦」の馴染みが薄かった西日本では、「蕎麦」と言えばラーメンのことであり、「日本蕎麦」はあえて日本の言葉を付けて「日本蕎麦」と区別する地域が今も存在しているとのこと。

論点が回ってしまうが、この点からもラーメンは既に日本の食文化の範疇に入れるのが自然であると感じている。


   大人気!東北有名ラーメン店セット
   Aセット ¥4,200  Bセット ¥3,150


東北にも美味いラーメンが

 3.11大震災後、「なでしこジャパン」の初優勝以外に明るいニュースは聞こえてこない。家族の一人が病気で寝込むと家族全員の元気がなくなるのと同様に、日本の一地方である東北地方が震災から立ち上がれないと、日本全体が元気が出ないようだ。

東北を元気付けよう。

実は、東北にも美味いラーメンが沢山ある。遠慮がちな東北人は広報が下手なだけである。関東や関西、札幌ラーメンや博多ラーメンに負けない味が埋もれている地方である。

今回は、限定された種類しか紹介できないが、是非ご賞味いただき、まだまだ埋もれている東北の味を探しに東北を訪れる切っ掛けになって欲しいとの思いで紹介したい。


 

               【画像提供:夢隊web様】     


01)Aセット 青森長尾中華そば(4食)
煮干しの旨味が伝わるスッキリとした味わい!仕込みから完成まで3日がかりの絶品スープ。鶏ガラ、豚ガラを2日がかりでゆっくりと白湯スープでとり、さらに1日冷蔵庫で寝かせたスープに厳選した4種類の煮干しを惜しげもなくブレンド。煮干しの風味豊かなインパクトのある重層的な味わいで、従来との津軽中華とは一線を隔す新しい津軽ラーメンです。


(01)Aセット 秋田末廣ラーメン本舗(3食)
駅前屋台の中華そば。長い歴史と変わらない繁栄が美味しさの秘密。濃厚醤油に大量豚肉で出しをとった、戦前からの懐かしい味が楽しめる中華そばです。


(01)Aセット 横手元祖神谷焼きそば屋(4食)
昭和三十年創業の老舗の焼きそば屋。横手の中で代表格の超有名店です。


(01)Aセット ラーメン山大前やまとや(4食)
「山大前 やまとや中華そば」は牛の脂を贅沢にたっぷりと使用し、ニンニクをきかせた、米沢にはめずらしい「こってり味」の醤油スープとなっております。細め縮れ麺とスープが良く絡む、自慢の味です。

(02)Bセット 仙台ラーメン五福星(3食)
仙台の超有名行列店!ぷりっぷりっの太ちぢれ麺に背脂たっぷりのスープがたまらない。おやじ自慢の味をここに再現!


(02)Bセット 喜多方ラーメン味平(4食)
豚骨ベースに鶏ガラ乾物ダシのあっさりとした醤油味。コシ自慢の太ちぢれ麺。頑固一徹、昔ながらのスープづくりに徹底的にこだわっています。

       【画像提供:夢隊web様】   
●セット内容

(01)Aセット
長尾中華そば  麺:110g×4、スープ:54g×4
末廣ラーメン本舗 麺:100g×3、スープ:63g×3
神谷焼きそば屋  麺:110g×4、ソース:40g×4
山大前やまとや  麺:110g×4、スープ:54g×4

(02)Bセット
五福星 麺:110g×3、スープ:50g×3、調味油:20g×3
味平  麺:120g×4、スープ:40g×4
火風鼎 麺:110g×4、スープ:40g×4




 販売しているのは、ユニーク&実用性に富んだ商品を多数取り揃えている楽しい通販サイト「夢隊Web」様
      好奇心くすぐる・おもしろグッズ満載通販サイト【夢隊web】


          


スポンサーサイト
- | - | -
Comment
TRACKBACK URL
TRACKBACK

Back to Top▲