<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
極上の座り心地「クッション座椅子」特大サイズ
   極上の座り心地「クッション座椅子」特大サイズ   
                  【画像提供:夢隊web様】 

平均勤務時間

 私は37年余にわたってサラリーマンであった。勤務時間の実態は1日約13時間、せいぜい30分程度の昼休みを差し引いてである。もちろん時間外手当などは無いに等しく、管理職になると時間外手当すらゼロになる、その分役付手当が少し多くなのだが。

民間のサラリーマンはこんなもんだろう。と思っていたのだが、少し前の調査によると、サラリーマンの平均勤務時間は8時間39分とか。

それほど忙しくない企業や、公務員が入っているのだろうか、もしかしたらパートさんとかまで・・・?

少し不思議に感じる私は、本来健全でないことは認識している。


在宅時間の増加

 もっとも、近年の不景気は異常だ。薄利でも仕事があるうちは何とかなっていても、最近では仕事自体が減少しているような気配もある。労働をシェアしなければならないような不景気から早く脱して欲しいものである。

勤務時間の現象は、リアルに賃金と連動している場合が多く、仕事帰りの一杯や、スポーツなど、余暇を楽しむことに向ける余裕は、その割りに増加していないと思われる。

ということは、自宅で過ごす時間が増加しているのか・・・。


在宅時間をどう過ごすか

 そのようなことで、在宅時間が比較的多くなっているサラリーマンを始めとする多くの方々、その時間をどのように過ごしているのだろう。

折角なので、趣味の世界を極めるためや自己研鑽の一環として国家資格取得などのため勉学に励んでおられる方が居られる一方、読書や庭いじり、晩酌や映画鑑賞など、自分の時間を大切にする方も居られるだろう。


寛ぐときは寛ぐこと

 さて、近年の欧米化した住宅は、フローリングのリビングが多く、畳の上のようにゴロゴロするわけに行かないのが、昔人になりつつある私には少し辛いところ。

私のような、ゴロゴロ派に朗報がある、大量の発泡ビーズを内蔵したクッション座椅子である。

このクッション座椅子は、リビングの床に直に置き、とりたい姿勢をサポートしてくれる。普通に座ることはもちろん、ゴロッと横になることなども可能で、何れの場合も柔らかく包み込まれる感覚が嬉しい。

これなら、どんな姿勢でも寛げるし、インテリア的にも違和感が無い。


  極上の座り心地「クッション座椅子」特大サイズ  
  19,950 

 マシュマロのような柔らかさで、リラックスした座り心地が楽しめると大人気なのが、どんな姿勢でも柔らかく包み込むクッション座椅子。

大柄な男性でも楽々座ることができる大型仕様。“包み込まれる”ような座り心地が魅力となっている。レザー風の生地は、和洋問わずどんなお部屋にもマッチするだろう。

   
               【画像提供:夢隊web】 

●カラー/08:レッド、10:ブラウン、20:ブラック
●サイズ/幅80×奥行115×高さ95cm
●材質/生地:ポリ塩化ビニル、中材:ポリスチレンビーズ、取手:ポリプロピレン
●日本製
●重さ(約)/2.5kg
●洗濯不可


 販売しているのは、ユニーク&実用性に富んだ商品を多数取り揃えている楽しい通販サイト「夢隊Web」様
   憧れの趣味モノから話題の生活雑貨まで勢ぞろい【夢隊web】  


            


スポンサーサイト
- | - | -
Comment
TRACKBACK URL
TRACKBACK

Back to Top▲