<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
防災用品として備えたい「度数を調整できるメガネ」
    防災用品として備えたい「度数を調整できるメガネ」
               【画像提供:夢隊web様】
  
■ 防災時の備えとしてのメガネ

 イザ災害発生時の防災グッズにメガネが入っていることは少ない。多分考えたことのない方が大多数ではないだろうか。常に身に付けている物でもあり、なくとも生命に直結するものでもないと考えるのが自然であろう。

だが、本当にそうだろうか。避難時そして馴れない避難生活時に視界が不明瞭で良いのだろうか。


■ 「有った方が良い」のレベルではないはず

 どのような危機が襲っており、どのような方向に避難すべきかを判断すべきとき、視界から得られる情報も貴重である。

避難生活時にも、防災グッズの使用や避難所内移動、状況把握など、緊急時だからこそ「視力」は有って当然のもの。

この視力の確保は意外と盲点かも知れない。

視力がどれほど大切か・・・
情報の約90%を視覚から

 いま備えられている防災グッズに、視力は確保していますか?ラジオ、懐中電灯、水、食料など備えておくべきものは多々ありますが、災害時の避難で一番最初に必要なものが「視力」となります。人間は情報の90%を視覚から得ていると言います。見えないということは情報の90%を失うとも言えるのです。
                 【画像提供:夢隊web様】    

■ 視力は人により千差万別

 当然のことながら視力は人により異なる。避難時にメガネの携帯を忘れたのが一人であればよいのだが、複数居たり家族全員だったりするとさぞ不便なことだろう。

こうして考えると、防災グッズとしてのメガネは、人により異なる視力に対応できるものでなければならない。もちろん、近視と遠視の双方への対応が要求される。


■ 度数が調整できるメガネ

 紹介するメガネは防災を想定し、マイナス6からプラス3までの度数に対応できるもの。さらに、遠近両用にも対応している。

フレーム前面の左右に「度数調節つまみ」が有り、左右のレンズを個別に調整することができる。

このように、使用者の眼に合わせることができるので、少し面倒でも複数の人間が共同で使用することも可能となる。これは、通常のメガネが貸し借りできないことを考えると画期的なことである。

防災対策用として準備しておくことはもちろん、平時でも予備のメガネとして使用したい。


ピント合わせのメカニズム
アドレンズ エマージェンシーは、遠視・近視に対応しています。それぞれ2つの可動式部品でできており、レンズの組み合わせによって度数が変化します。
【画像提供:夢隊web様】


  防災用品として備えたい
  度数を調整できるメガネ
  ¥4,980

   
          【画像提供:夢隊web様】 
●サイズ/幅14.5×高さ3.4×ツル13.5cm
●材質/グリルアミドTR90、ポリカーボネート
●マレーシア製
●重さ/25g
●仕様/適用度数:−6.0〜+3.0ディオプタ、瞳孔間路離:66mm
●一般医療機器 眼鏡35065000
●6カ月間保証
●専用ケース付


 販売しているのは、ユニーク&実用性に富んだ商品を多数取り揃えている楽しい通販サイト「夢隊Web」様
     憧れの趣味モノから話題の生活雑貨まで勢ぞろい【夢隊web】


              




スポンサーサイト
- | - | -
Comment
TRACKBACK URL
TRACKBACK

Back to Top▲