<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
新素材プロテクサーモ(R) 極薄保温ベスト
  冬の屋外作業に警戒で温かい
  新素材プロテクサーモ(R) 極薄保温ベスト
 
    【画像提供:夢隊web様】 


■ 冬の屋外作業

 寒がりな私はできるだけ避けたいのだが、冬でも屋外での仕事や作業をする場合がある。そもそも営業の方は外出しなければ仕事にならないし、屋外を作業場所とする職業も多い。

また、わざわざスキーやスノーボードを担いでゲレンデに出かける方、冬季でも雪さえなければゴルフをしたい方や釣りを楽しみたい方、雪山だからこそ登山する(私に言わせれば)強者さえいる。

寒いからと言って冬眠するわけに行かないのが人間のようだ。ちなみに、私個人としては冬眠したいのが本心である。


■ 保温を忘れずに

 健康に過ごすには、というより生命活動を継続するには、体の保温が基本であり、これは寒さに強い弱いとは別次元のことである。

寒いところに長時間いて体が冷えただけで、その後大きな疲労を感じたことはないだろうか。寒さに耐えること、そのこと自体が人体には負担がかかっていることを忘れてはならない。

したがって、体の保温は冬季の基本と私は考えている。


保温・撥水・速乾性、 厚さ1mmの軽量ベスト

 とはいえ、厚着になってしまったのでは、運動能力に支障があり作業や仕事に悪影響がある。

おすすめしたいのが、厚さ僅か1mm中に断熱効果の高い特殊3層構造のプロテクサーモ(R)生地を仕込んだ「極薄保温ベスト」。撥水2WAY素材/耐塩素性ポリエレタン/撥水ウーリー裏地 の三層構造は保温・撥水・速乾性を極めている。

厚さが1mmであることは、屋外作業に邪魔にならず、軽快な運動性を確保することができる。
伸縮性にも優れ、あらゆる動きにフレキシブルに対応することができる。

水を寄せ付けない持続性の高い撥水加工は、水中での保温も期待できるので、釣りが好きな方はもちろんアウトドア派には是非身に着けてもらいたい。

屋外での活動や、雪道や雪山での万一の事態、冬季の大震災への備えなど、軽快さと確実な保温を両立したこの軽量ベスト。おすすめの一着である。

 新素材プロテクサーモ(R) 極薄保温ベスト  
 ¥10,500 

 
   トップスの上に着てもOK 【画像提供:夢隊web】 


 販売しているのは、ユニーク&実用性に富んだ商品を多数取り揃えている通販サイト「夢隊WEB」様
   ファッション雑貨から趣味モノまで大集合!【ゆめたいweb】



            

スポンサーサイト
- | - | -
Comment
TRACKBACK URL
TRACKBACK

Back to Top▲