<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
コンパクトパワー除雪機・スノーラピッド
  コンパクトかつ軽量
  コンパクトパワー除雪機・スノーラピッド
  
      【画像提供:夢隊web様】 

 ■ 雪片づけは体力勝負

 さて、体力勝負の降雪期がやってくる。

雪が降ると玄関先から道路までのアプローチを除雪しなければならない。自分たちが生活するためだから仕方ないのだが、それにプラスして、敷地が接する前面道路も歩行者が歩ける程度の除雪をするのが普通である。

道路に関しては市の除雪車が来ることもあるが、道路わきに大量の雪塊を置いて行くので、「来ないでくれ!」とねじ込む人が居たりで除雪車の運転手も住民の顔色を見ながらの作業になっておりあてにできない。

私は、緊急車両の通行や宅配便など社会インフラのための公道維持、その一環としての「道路除雪」と理解している。したがって、道路わきの雪塊を片づける自分の労力のことのみを念頭に除雪車を拒否する姿勢は単に「我がまま」としか思えないし、それに遠慮する市役所側の感覚も理解できない。きちんと本来の趣旨を広報すれば大概の人は理解できるはずだ。・・・という話は余談である。

稀に除雪車が来ても、道路わきに置かれた雪塊は片づけなければならない。いずれにしても、雪国であるが故の労力である。


■ 年齢とともに体力が

 年齢とともに力仕事に自信がなくなり、反対に、少しでも要領よく作業を終わそうとする意識が増加している私は、大量に雪を移動するスノーダンプからスコップに変え、最近では軽量コンパクトのプラスチック製スコップを使用している。さらに、スコップすら使用しないで踏み固めてしまう面積が少しづつ多くなっているような・・・。

広い敷地の会社や事務所、個人宅では、除雪機を使って除雪している風景を見かけるが、敷地面積が狭い我が家では基本的に無関係のことと考えていた。しかしながら除雪に疲れるたびに、小さな、ホントに小型の除雪機があれば・・・、と考えなくもなかったのが本心である。

さて、そこはこのご時世。探せばコンパクトで、おまけにリーズナブルな除雪機があるものです。これなら狭い我が家でも使えそう。雪に埋もれる季節を少し快適に暮らすことができそうだ。

  コンパクトパワー除雪機・スノーラピッド
  ¥29,800


大きさは幅43×奥行45×取っ手を含む高さ100cmに20mのコード(電気)が付いている。そう、電動なのでガソリン給油の手間は必要ない。消費電力は800Wなので電気ヒーター並みの消費電力である。狭い我が家の場合、あっという間に除雪できると思われるので、電力消費量は心配なさそうだ。

このコンパクさに投雪距離9m投雪高さ2mのハイパワー。投雪方向は、前/左/右の3方向が選択できる機能を有している。

これがあれば、汗だくで息が上がるほどの労働から解放される。素晴らしいことだ。

  
          【画像提供:夢隊web様】

●サイズ(約)/幅43×奥行45×高さ100cm(取っ手含む)、コード:20m
●材質/ABS樹脂、スチール、合成ゴム、他
●重さ(約)/10kg
●仕様/最大投雪速度:約40m/1分、除雪深さ:縦250m/315mm、最大投雪距離:9m(高さ約2m)、定格時間:30分、投雪方向:前方左右3方向
●電源/AC100V
●消費電力/800W
●1年間保証書付
●中国製


 販売しているのは、ユニーク&実用性に富んだ商品を多数取り揃えている通販サイト「夢隊Web」様
     憧れの趣味モノから話題の生活雑貨まで勢ぞろい【ゆめたいweb】


        


スポンサーサイト
- | - | -
Comment
TRACKBACK URL
TRACKBACK

Back to Top▲