<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
米ロスコ社SWATモデルタクティカルグローブ
  SWATが実際に使用するグローブを忠実に再現
  米ロスコ社SWATモデルタクティカルグローブ  

   【画像提供:夢隊web様】




  

  
  【画像提供:夢隊web様】

■ 米ロスコ社
 アメリカのロスコ社は、テネシー州に本社を置く1953年設立の会社で、アメリカのミリタリー製品を取り扱う会社として知られている。ミリタリー・ジャケットやミリタリー・パンツはもちろん、バック、キャップ、その他多くの軍用グッズを手がけている。
 
同社の軍規格(ミルスペックモデル)製品は、耐久性/実用性に優れており、その高い品質が評価され米軍御用達となっている。         


■ SWATとは
 SWATとは、「Special Weapons And Tactics」の頭文字をとった略称で、日本語では「特殊火器戦術部隊」と略される。

全米の市警察や州警察、保安局などに個別に設置されており、普通の警察官では対応しきれない凶悪犯罪に対処するための組織である。

最初に設置されたのはロサンゼルス市警察、1967年に約60名体制でSWATを創設した。具体的に創設の契機となったのは、1965年のワッツ暴動、1966年のテキサスタワー乱射事件、1967年の無差別乱射事件など、テロに匹敵する凶悪事件である。

映画などでお馴染みのSWATは、ダイナミックエントリーと呼ばれる強行突入のシーンが多く観客を引き付けているが、実際のSWATは「捜索と回復、安全確保」に力点を置くサーチ&リカバリーが基本だそうで、映画のシーンと実際とでは少々異なるようだ。


■ SWATモデルのグローブ
 さて、凶悪犯罪の過酷な現場においてSWATが使用しているグローブを米ロスコ社が再現したグローブを紹介したい。

グローブ各所にウレタンを内蔵したプロテクションを装備することで、高い保護機能を有し、事故など危険な場面でも手を守ってくれるだろう。さらに手の甲部分には丈夫な牛革を採用し強度を高め、手のひら部分には柔らかいスウェードを用いることで、グリップ性と柔軟な手の動きを可能にしている。

急激に増加している自転車派の方や、バイクに乗る方、そしてアウトドアにもおすすめである。

  米ロスコ社SWATモデルタクティカルグローブ
  ¥4,900


         【画像提供:夢隊web様】 
●サイズ番号/別表参照
●素材/牛革、EVA
●パキスタン製
●重さ(約)/110g(M片手)
 仕上がりサイズ (cm)
サイズ
02:S 03:M 04:L
長さ
20 21.5 22.5
甲幅
10 10.5 11
中指
9 9.5 10



 販売しているのは、ユニーク&実用性に富んだ商品を多数取り揃えている楽しい通販サイト「夢隊Web」様
   ファッション雑貨から趣味モノまで大集合!【夢隊web】


      



スポンサーサイト
- | - | -
Comment
TRACKBACK URL
TRACKBACK

Back to Top▲