<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
ディアスキン(鹿革) コンバーチブルグローブ
  必要な時だけ指先を出して使えるグローブ
  ディアスキン(鹿革) コンバーチブルグローブ
  
     【画像提供:夢隊web様】

■ 厳寒時の手袋と指先カット手袋

 冬季でも戸外でも細かな作業をするには指先を使用する。とても手袋をした状態では作業できないので、手袋をはずして作業しなければならない場面も多い。厳寒の戸外でこれは厳しい。特に寒がりな私には・・・。

最近では、そのような場合を想定しているのか、最初から指先がカットされたデザインの手袋もある。近年の携帯(電話)の普及により一段と普及しているように感じている。


■ 手袋をしていても手が冷たい

 雪国では、手袋をしていても手の冷たさに耐えられず、コートのポケットに手袋ごと手を突っ込んで歩きたくなる場面が多い。 しかし、これが危ない。

凍結や圧雪状態の路面状態は大変滑りやすい。こんな路面状態の上をポケットに手を突っ込んでバランスの取りにくい状態で歩行すれば、一瞬のうちに転倒する危険が高い。その時、ポケットに手をいれている状態では受け身すら取れない状態にあるため、後頭部を固い路面に痛打してしまうのである。

したがって、手はポケットに入れないで歩くことが必要なのだが、それでなくとも厳寒の季節、指先がカットされている手袋では、耐えられないだろう私の場合・・・。

それでも指先を使う細かな作業が必要な場合は存在する。その場合は手袋を外して作業することになるのだが、これだと指先どころか手全体がかじかんでしまい、作業後に手袋をしても暖まるものではない。


■ 通常手袋の保温性と指先カット手袋の作業力が合体

冬季はそれが当たり前と諦めていたのだか。世の中便利なものを考える人は居るものです。こんなことを考えつく人は、もしかしたら私と同じ超寒がりかも・・・。でも脳みその構造はチト違うかな。

というわけで、本日は普段は指先まで覆っているものの、必要な時は指先だけ出して使えるグローブの紹介。これなら、指先の作業が必要な時でも手袋を外さずに指先だけを出して作業することができる。

素材には、柔らかく使うほどに手に馴染むことでレザーのカシミヤと形容されるディアスキン(鹿革)を採用した。これにより、指が曲げやすく動きが邪魔されない構造を実現し、作業が円滑に短期間で終了できるのも防寒上見過ごしにできない機能である。

  要な時だけ指先を出して使えるグローブ
  ディアスキン(鹿革) コンバーチブルグローブ
  ¥7,350


一見ミトン風だが、カバーをめくると各指が独立しており細かな作業も簡単にできる。マグネット式で開閉もスムーズ。【画像提供:夢隊web】
●サイズ(約)/フリーサイズ(適応甲回り24cm、全長26cm)
●素材/表地:鹿革、裏地:ポリエステル
●中国製
●重さ(約)/190g
●マグネット式開


 販売しているのは、ユニーク&実用性に富んだ商品を多数取り揃えている楽しい通販サイト「夢隊Web」様
   ファッション雑貨から趣味モノまで大集合!【夢隊web】




   




スポンサーサイト
- | - | -
Comment
TRACKBACK URL
TRACKBACK

Back to Top▲