<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
木の感触と檜の香り、ヒノキバステーブル
  お風呂でゆっくり本が読める
  木の感触と檜の香り、ヒノキバステーブル(ブックスタンド付)

     【画像提供:夢隊web様】

■ 冬は風呂がいちばん
 寒い季節、冷えた体を温めるのには風呂が最高である。できれば温泉に浸かりたいと思うのだが、それは簡単にはいかない。

私が小さいころ、正月には午前中から銭湯に行った記憶がある。今では銭湯が少なくなり、どうなっているのか分からないが、娯楽の少ない時代に、日がある内から湯に浸かることは、一つの娯楽でもあり、正月だけ許される贅沢であったのかもしれない。

それほど、日本人は風呂が好きな民族だ、単に体を洗うだけでなく、湯に浸かること自体を娯楽に変える術を知っている。

■ お風呂の効能
 風呂に入ることによる効果で最も大きいのは、心身のリラックスである。手足を伸ばして湯に浸かったとき、思わずため息が出る、あのリラックス感である。

暖かい湯に全身をゆだねることにより、血管が広がって血行がよくなり、結果的に血圧が下がる。精神的にもリラックスすることにより自律神経が休まることになる。などの効果があるのだそうで、寒い季節に縮こまっていた筋肉を温かい湯に包まれて弛緩させることは、思った以上に、精神的、肉体的に良いことらしい。


■ 長風呂には
 長時間湯に浸るには半身浴が良いのだそうだ、これだと必要以上に心臓に負担をかけずに長時間湯に浸ることができ、その効用を最大限引き出すことができるらしい。

半身浴にするか全身浴にするかは人それぞれとしても、何もせずに長時間じっとしていることは、忙しさが当たり前の現代人には逆にストレスになるかも知れない。

そこで、便利なものを考える人が世の中には居るものである。湯船でゆっくりするためのヒノキバステーブル(ブックスタンド付)がある。

ゆっくりと読書を楽しむためのブックスタンド、美顔マッサージなどの道具を置けるスペース、飲み物も置けるスペースなどが確保できるので、リビングの延長のような感覚で風呂を楽しむことができそうだ。

特に、長時間の入浴では汗が出て脱水症状に陥る懸念がある。本格的に長時間の風呂を楽しまれる場合は、是非飲み物を用意して水分補給を心がけて欲しい。

ちなみに、この飲み物をアルコールの入ったものにしたいところだが、健康的にはあまり良くないらしい。残念である。飲み物の種類は自己責任でお願いしたい。


   木の感触と檜の香り、ヒノキバステーブル
   ¥4,980


   【画像提供:夢隊web様】
●サイズ(約)/長さ75×奥行22×高さ22.5cm(ブックスタンド含む)、浴槽の内幅は54〜66cmに対応
●材質/国産ヒノキ
●日本製
●重さ(約)/2kg



 販売しているのは、ユニーク&実用性に富んだ商品を多数取り揃えている楽しい通販サイト「夢隊Web」様
   憧れの趣味モノから話題の生活雑貨まで勢ぞろい【夢隊web】


     



スポンサーサイト
- | - | -
Comment
TRACKBACK URL
TRACKBACK

Back to Top▲