<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
防災仕様:イオプラス充電式LED電球
  明るいLED電球・災害時には頼れる懐中電灯に変身
  防災仕様:イオプラス充電式LED電球

   【画像提供:夢隊web様】

■ LED電球について
 LEDとは発光ダイオードの英文字「Light Emitting Diode」の3個の頭文字をとった言葉である。

発光ダイオードといえば、PCや携帯電話のディスプレイのバックライトとして使用されていることを知っている方も多いと思うが、最近では、信号機や車のライト類など、比較的大型で大きな輝度を必要とするものにも使用されている。

照明としてのLEDは、何と言っても節電効果が高いことが知られている。何しろ白熱灯の85%もの節電効果があるとの試算があ。また、その寿命が飛躍的に長く10年程度は交換が不要とされている。つまり、電気量、ライトの交換不要ということで経済的である。

ただし、LEDライト自体はまだ高額である。現在の価格で試算すれば、5年程度で「元が取れる」とする試算がある。


■ 防災対策として重要な照明
 昨年の3.11、まず困ったのが情報の遮断。時間が経ち夕方になると照明がないことに苦労した。特に照明がないと、家事のあらゆることが停滞し右往左往するばかりであった。

普段、停電など考えずに生活しているため、イザ光を取り上げられると、どこに何があるのか分からず、何気なく廊下に置いている物を踏みつぶしたり、つまずいて転びそうになったりと、ローソクや懐中電灯を探すために怪我をしそうになってしまった。

電力に依存しきっている生活の脆さを痛感した次第である。


■ 普段の照明器具が災害時には頼れる懐中電灯に
 普段、天井に吊り下がっている照明がそのまま懐中電灯になれば、イザ災害が発生したときにあわてる必要はない。そんな発想で、通常時は省エネ照明に使用し、災害時には非常灯と懐中電灯にも変身する、充電式LED電球を紹介したい。

停電時には電球スイッチをDC位置に入れると、自動点灯機能が真っ暗な世界に光をもたらせてくれる構造。とりあえず室内は照明が確保できる。

さらに、この電球をソケットから抜き中央部を伸ばせば、明るいLEDの懐中電灯としても使用できる。このときソケット部を3竸ばすことができるので、簡易的ではあるがグリップができるのは嬉しい配慮だ。


   防災仕様:イオプラス充電式LED電球
   ¥3,980



   【画像提供:夢隊web様】
●サイズ(約)/全長10〜13×径7cm
●材質/ABS樹脂、他
●中国製
●重さ(約)/150g
●仕様/光束:210〜230ルーメン、連続使用時間:6時間以上(5〜6時間充電)、寿命:約40,000時間、使用可能電圧:100V、明るさ:40W電球相当、色濃度:昼白色相当


 販売しているのはユニーク&実用性に富んだ商品を多数取り揃えている楽しい通販サイト「夢隊Web」様
   憧れの趣味モノから話題の生活雑貨まで勢ぞろい【夢隊web】


         



スポンサーサイト
- | - | -
Comment
TRACKBACK URL
TRACKBACK

Back to Top▲