<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
ヴェッキオバロントート
メンズ トートバッグ
ヴェッキオバロントート
帆布とイタリアンレザーの出会い


   ヴェッキオバロントート
   39,000円(税込)

■ トートバッグとは

 トートとは”持ち運ぶ”という意味があり、本来はアメリカで氷運搬用のバッグとして誕生したが、今では実用バッグとしてキャンパス生地やナイロンで作られたものが多い。

 最近では、レジ袋削減や環境保護の為「マイバッグ」として使用されるケースもあり、汎用性の高いバッグとして人気が高まっている。


■ 帆布とイタリアンレザー

 帆布の歴史は、遥か戦国時代に遡る。かの織田信長が他に先駆けて力を入れた軍船としての帆船。その帆の素材が帆布である。

 以降、その堅牢性がかわれて様々な用途で愛されてきた帆布であるが、このバッグに使用されているのは、その中でも極厚物に分類される4号帆布。

 これは、登山用テント生地に使用されるものと同じ厚さと強靭さを備えながら、驚くほど軽量なのが特徴。ナイロンに比べてヘタリがなく、しっかり自立するのが嬉しい。

 和のティストの帆布に対し、マチやハンドルに使用されているのは、地中海に面した伊トスカーナ州で鞣されたヌメ革ヴェッキオ。

 これは、頑丈なヌメ革にオイルをたっぷり染み込ませてコシを出している。使い込むことに艶がでるクラシック・レザーである。

 日本とイタリアの伝統素材が出会い、西洋甲冑をモチーフにしたデザインで仕上げられ、ヴィンテージ感あふれるバッグに仕上がっている。

 なお、バッグ内側の素材はサンベルナール・コットン(コットン100%)を使用し、表の強靭さに対し、優しさと爽快感を演出している。


■ 機能性は?

 バッグの表面と背面に各々ポケットが付いており、メモやパンフなどを入れるのに丁度良い構造である。

 バッグ内側は革製のオープン・ポケットがひとつだけのシンプルさ、このポケットは小銭入れや携帯などの小物を入れておくのに重宝する感じだ。

 メイン部の容量は、A3サイズの用紙が縦に入る大容量。新聞やノートはもちろん、ペットボトルなどを入れても余裕の広さがある。加えてマチがあるため、荷物の出し入れもスムーズに行えることだろう。

 底部はイタリアンレザーが回り込んだマチとなっている。贅沢な造りとともに大容量と使い易さに貢献している。

 なお、この底部と底部側面のマチを構成するレザーは、バッグ全体のデザインを整える独特の曲線となっており、熟練職人が妥協せずに正確に縫い上げたものである。

   

■ ココマイスター

 ココマイスターは、イタリアの皮革を厳選して輸入し、日本の熟練職人による縫製にこだわる皮革専門店。

 本物の皮革の良さと日本職人の「手作り」の技術を融合させ、最高級の皮革製品を販売している。


   ヴェッキオバロントート
   39,000円(税込)






     イタリアの上質な高級素材を日本の匠が仕上げる新しいスタイル!!

      




スポンサーサイト
- | - | -
Comment
TRACKBACK URL
TRACKBACK

Back to Top▲