<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
花粉症:見えないマスク 、ノーズマスク
  2月も中旬を過ぎると、花粉の飛散が始まっているらしい。もうすぐ花粉症の季節だ。

以外に知られていないことだが、花粉症の代表格であるスギ花粉症の原因は、戦後に農林水産省(現)が推奨した大規模植林にあるのだそうだ。

山の近くに行くと、不自然に杉林を見ることが出来るが、その杉の植林である。この結果、植物の自然分布が壊され、日本全土に杉の木の占める割合が異常に多くなってしまった。

この杉の木からは、毎年春大量のスギ花粉が飛散し、これを吸った人間がその許容量を超えると、花粉症と言う形で発症するのである。(花粉は人体にとって異物である)

さらに、杉を植林するために、天然のダムと称されるブナなどの保水力の高い落葉樹を伐採してしまったため、降雨量が多いと山崩れや土石流の危険箇所も多い、さらに河川の水質を低下させ、注ぎ込む海さえも汚染しているケースもある。

もっと言えば、落葉樹を伐採したことにより、クマや野生動物の餌が少なくなり、山に餌の無い野生動物は仕方なく里に近いところに降りてくる現象が発生。クマが人里近くに出没する遠因ともなっている。

ちなみに、大規模に自然を破壊して大規模植林した杉林であるが、その後の人件費の高騰と格安な輸入材に押されて、その相当部分(もしかして過半数)はほったらかしの状態にある。情け無い限りだ。

大規模植林を推奨した農林水産省(現)の担当官が責任をとったと言う話しは聞こえてこない。不思議な国だ。

 さて、この花粉症対策は個人差もあるので、個々に考えるしかないのが現実だろう。

マスクにより花粉を体内に入れない方法もあるが、マスクには隙間ができてしまい、花粉を完全にシャットアウトとは行かない。それに長時間使用すると頭がボーッとして集中力がなくなる。

そこで、鼻腔内だけにマスクをする方法はどうだろう。

この鼻腔マスクは、フィルタースポンジを内蔵、花粉・粉塵・埃などの侵入を防ぐと同時に鼻水を吸収してくれる。

デザインも目立たないよう工夫されている。

 見えないマスク ピットストッパー2
 17個入り ¥2,940  

   
 
 上の商品が少々値が張りすぎると感じる方には、これはどうだろう。花粉の99,9%をカットするこの商品は、全世界で500万個の実績がある。水洗い可能で5〜6回の使用に耐えられる。

 99.9%カットノーズマスク
 2個:ケース付き ¥1,260     12個:ケースなし ¥5,040
 

   なお、就寝前には鼻腔洗浄もおすすめ ⇒ 花粉症:鼻腔洗浄

  《関連記事 ⇒ 花粉症の起源と対策

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~[関連商品]~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 花粉防止 スタイリッシュゴーグル  スッと鼻の通が良くなる・スノアレス
 ¥3,990                             ¥5,800
             

販売しているのは、ユニークかつ実用性に富んだ商品を多数取り揃えている楽しい通販サイト「夢隊Web」様

    
スポンサーサイト
- | - | -
Comment
TRACKBACK URL
TRACKBACK

Back to Top▲