<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
塗箱入り漆塗り筆ペン
  書道とは、毛筆によって文字の美しさを表現する芸術とされている。

起源は古来の中国であり、日本でも漢字の伝来とともに始まったとされている。仏教が伝来した飛鳥時代、奈良時代には写経により急速に広まり発展した。

その後、時代により中国風の書を日本風にしようとしたり、中国人の書に圧倒され中国風のものが主流になったりした歴史がある。

大正時代の末期には日本の多くの書道家が参加した書道団体が結成され、これが近代書壇史の始まりとされている。

今では、日本古来の筆記用具である毛筆と墨により、漢字や仮名文字を芸術的に表現する日本の伝統芸術の一つとしての地位を確立している。

 ところで、日本人の全部が書道に精通しているわけではない。むしろ趣味で書道に触れている人以外は筆字が苦手な人が多いようだ。

結婚式の受付で記帳と称して筆ペンしか用意されていないときは、穴があったら入りたい気分で自分の名を書き込む御仁も少なくないのではないかと推察している。

あまり機会がないだけ、筆ペンを使う機会は大事にしたい。そのためには、自分の名前くらいは恥ずかしくなく書けるよう準備しておきたい。

私の経験だが、独学でよい、自分の名前を一生懸命書き込んで練習すれば、ある程度の効果がみられるようだ。綺麗な字のバランスのとり方を真似するだけで随分感じが違ってくる。

そして、おすすめするのが、自分専用の「筆ペン」である。使う機会が少ない分だけ、大切に一生使う筆ペンである。

  当該商品の販売は終了いたしました。
  ありがとうございました。

使うほどに、手に馴染み味わい深くなる、まさに一生もののハンドメイド筆PEN。
贈り物にも適している。



      





スポンサーサイト
- | - | -
Comment
TRACKBACK URL
TRACKBACK

Back to Top▲