<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
開運秘法 遁甲亀紋(とんこうきもん)財布
         
                    【画像提供:夢隊web様】

  中国発祥の占術である「奇門遁甲」をご存知だろうか。

紀元前2500年代の中国三皇五帝時代、三皇の最後か五帝最初の人物でほとんど神話化され、中華民族の祖ともされている黄帝。

その黄帝が、戦いの最中に天帝より授けられたとされる占術が「奇門遁甲」である。その後、改編が加えられ、紀元前100年代、前漢の政治家である張良により完成された。

この占術を実戦に応用し成果を得たとされる最大の例は、紀元後100〜200年代の三国時代にあって、蜀を建国し劉備を皇帝につかせた軍師「諸葛孔明」であることは有名である。

日本には、602年に百済の僧により伝えられたのが最初の記録である。戦国時代には、日本風土に合わせて改変されたものが、群雄を補佐する軍師によって使用されたと言われている。

古来より兵法として用いられてきたが、現在では開運法として受け継がれている。簡便的に「方位術」と呼ぶ場合が多いが、年/月/日/時 の時間的な要素と、八つの方向(門)を組み合わせて吉凶を予測する法術と言えよう。

この「奇門遁甲」の秘法をデザインし、金運を呼び込み、金銭的なトラブルを回避しようとする財布が紹介する「遁甲亀紋財布」である。

  開運秘法 遁甲亀紋(とんこうきもん)財布
  ¥16,800

神亀盾甲紋そのものを表面に型押しを施し、ファスナートップには「奇門遁甲八卦図」を黒漆で、「九宮八門」を赤漆で記している。

開けば、天は円く、地は四角い「天円地方」という中国の故事をもとに、天地合一が保たれるという観念を具体化したデザインとなっている。

「奇門遁甲秘法」の絶大な開運パワーを集約したこの財布。信じる方はこの経済戦争に勝ち残れるかも・・・、「気は心」と言うが、精神力は生命力の源なのだから。

  


奇門遁甲八卦図
 八方から侵入するあらゆる外敵や災い、厄難を寄せ付けず、良気や金運・繁栄を招き入れる働きがあるとされる。


九宮八門
 九宮とは、離宮・巽宮・震宮・艮宮・坎宮・乾宮・兌宮・坤宮、そして中央の中宮、八門とは、景門・杜門・傷門・生門・休門・開門・驚門・死門のことで、これにより吉凶の方角を占い、兵を動かしたとされている。また、勝利を呼び込む護符効果がある。

●サイズ/縦10×横20×マチ2.5cm
●素材/本体:牛革(縁部分/色漆仕上げ)、ファスナートップ:真鍮(メッキ、色漆仕上げ)
●中国製
●重さ/124g
●仕様/札入れ、内ポケット、小銭入れ、カード入れ×12
●化粧箱付き

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~[関連商品]~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 本革・黄金宝づくし財布        黒門式 シャンパンゴールド幸せの風水財布
 ¥19,900                  ¥19,800
        


 販売しているのは、ユニーク&実用性に富んだ商品を多数取り揃えている楽しい通販サイト「夢隊Web」様
     憧れの趣味モノから話題の生活雑貨まで勢ぞろい【夢隊web】



        



スポンサーサイト
- | - | -
Comment
TRACKBACK URL
TRACKBACK

Back to Top▲