<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
リモコン式節電コンセントで待機電力の節約
              

 今、節電が叫ばれている。待機電力などの小さなものでも、全国的規模で削減すれば、大きな節電効果が期待できるそうだ。

確かに、リモコン対応のためなど常時通電されている電化製品が多い。この待機電力は家庭で使用する電気の6〜10%と言われている。そうなると、節電のため待機電力の削減に協力するだけで、相当量の節電に貢献できるのみならず、支払う電気料金の節約にもなりそうだ。

そこで私なりの疑問は、何故最初から待機電力を使わない家電製品にしないのか? 今回の震災がなくとも、余計なウネルギーや電力を使わないことが、地球環境的にも求められている時代なのに、何故監督官庁がそのように強力に指導しないのか? 

今回も、「ことなかれ主義の官僚だから・・・」と言う帰結に流れそうだが、この場合、少しだけ理由がありそうだ。

まず、冒頭にも記述したとおり、リモコンからの制御を待つために常に通電が必要な機器があること、高度に進化したテレビやDVDレコーダーなどでは、受信中のデジタル放送電波を利用したダウンロードによるソフト更新が行われている機種があること、そして、生電源によりオン/オフを行うことは繊細な機器には負担であること、さらに、電化機器は起動時に最も電力を消費すること、などである。

特に最後の理由は大事である。節電意識が、「待機電力を徹底して無くすこと」と勘違いすると、必要以上にプラグをコンセントから抜き差しすることになり、逆に電力の消費量が多くなる場合も想定されるのである。もちろん機器自体にとっても負担である。

使用しない時間を判断し、待機電力をコントロールして結果的に電力の無駄を無くすことが大事なことである。はきちがえないで欲しい。

3.11大震災は天災であることは疑いも無いが、それを原因とした原発事故は人災に分類されるべきだろう。そう考えると少し癪だが、原発事故などなくとも余計なエネルギーを使わないエコ生活が求められていた。

節電をより気軽に実戦できるよう、節電コンセントを紹介したい。

  リモコン式節電コンセント
  ¥6,980

コンセント口ごとにオン/オフを切り替えられ、もちろんオフにすればコンセントからの電力の供給が止まり、そのまま待機電力をカットすることができる。しかも、そのオン/オフの操作はリモコン式となっている。いちいちコンセントまで移動せずに切り替えが可能なこの方式なら、節電も苦にならずに長続きできそうだ。

さらに、リモコンで電力供給をコントロールすることにより、もともと本体のスイッチでしか起動/終了できなかった機器が、実質リモコン式にグレードアップしてくれる優れもの。

節電しながら、生活をより快適なものにしたい。

  
●セット内容/本体、リモコン
●サイズ/幅8.4×奥行5.3×高さ18cm
●材質/難燃性ABS樹脂
●電池/リモコン:単4×3(別売)
●中国製

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~[関連商品]~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 雷ガード付き6口節電コンセント  木目調雷ガード付4口・6口節電コンセントセット
 ¥2,890                   ¥5,760
       


 販売しているのは、ユニーク&実用性に富んだ商品を多数取り揃えている楽しい通販サイト「夢隊Web」様
      好奇心くすぐる・おもしろグッズ満載通販サイト【ゆめたいweb】


             




 
スポンサーサイト
- | - | -
Comment
TRACKBACK URL
TRACKBACK

Back to Top▲