<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
マットーネマルチウォレット
                   

  熟練の職人や技士のことを、最近では少々古めかしい言葉である「匠」と称する場合があるようだ。この古めかしい言葉を敢えて使用することで、より高度で希少な存在をイメージしてしまう市場心理を醸成しているのかも知れない。

と思いつつ、「匠」と聞いただけで確かな技術力や安心感を覚えてしまうのは私だけだろうか。

同じように、現在ではあまり聞きなれなくなってしまったが、最高級のレベルを持つ職人を「マイスター」と称する場合もある。

マイスターとは、ドイツの徒弟制度社会で技術を磨き、職人の階級の最上級の階級に上り詰めた職人のことである。

現在のドイツでは、一部職種の開業条件にマイスター資格を要するものがあるものの、これらの職種は例外になりつつある。そう、この言葉も過去のものとなりつつあり、それだけに、その言葉の重みが増してくるようでもある。

さて、この「マイスター」の言葉を直接採用したのか、単に意識したのか、イメージを大切にしたのか、私には分らないのだが、日本の職人の手づくりにこだわり、日本文化の心をその製品として具現化しているブランドがある。「ココマイスター」である。

同ブランドの製品は、日本の熟練職人が手づくりにより縫製した皮革製品であり、その完成度の高さは、本物志向の人々から高く評価されている。まさに一生ものの皮革製品として高い満足度とともに使い続けることができる逸品と言えるだろう。


  マットーネマルチウォレット
  19,500円(税込)


カード収納と小銭入れを装備し、中身を全て入れても厚くならない特殊設計を施している。さらに素材そのものも薄くする技術により、かさ張らず使い勝手のよいウォレットに仕上がった。

伝統製法により生み出された皮革のオーラと、熟練職人の確かな技術により仕上げられたウォレットは、持ち続け使用する毎にオーナー色に染まってくれる。豊かな気持ちで経年変化を楽しむことが出来る一生ものの財布である。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     マットーネ名刺入れ           マットーネグラスケース
     10,000円(税込)             10,000円(税込)
            


                   ココマイスター


    




開運秘法 遁甲亀紋(とんこうきもん)財布
         
                    【画像提供:夢隊web様】

  中国発祥の占術である「奇門遁甲」をご存知だろうか。

紀元前2500年代の中国三皇五帝時代、三皇の最後か五帝最初の人物でほとんど神話化され、中華民族の祖ともされている黄帝。

その黄帝が、戦いの最中に天帝より授けられたとされる占術が「奇門遁甲」である。その後、改編が加えられ、紀元前100年代、前漢の政治家である張良により完成された。

この占術を実戦に応用し成果を得たとされる最大の例は、紀元後100〜200年代の三国時代にあって、蜀を建国し劉備を皇帝につかせた軍師「諸葛孔明」であることは有名である。

日本には、602年に百済の僧により伝えられたのが最初の記録である。戦国時代には、日本風土に合わせて改変されたものが、群雄を補佐する軍師によって使用されたと言われている。

古来より兵法として用いられてきたが、現在では開運法として受け継がれている。簡便的に「方位術」と呼ぶ場合が多いが、年/月/日/時 の時間的な要素と、八つの方向(門)を組み合わせて吉凶を予測する法術と言えよう。

この「奇門遁甲」の秘法をデザインし、金運を呼び込み、金銭的なトラブルを回避しようとする財布が紹介する「遁甲亀紋財布」である。

  開運秘法 遁甲亀紋(とんこうきもん)財布
  ¥16,800

神亀盾甲紋そのものを表面に型押しを施し、ファスナートップには「奇門遁甲八卦図」を黒漆で、「九宮八門」を赤漆で記している。

開けば、天は円く、地は四角い「天円地方」という中国の故事をもとに、天地合一が保たれるという観念を具体化したデザインとなっている。

「奇門遁甲秘法」の絶大な開運パワーを集約したこの財布。信じる方はこの経済戦争に勝ち残れるかも・・・、「気は心」と言うが、精神力は生命力の源なのだから。

  


奇門遁甲八卦図
 八方から侵入するあらゆる外敵や災い、厄難を寄せ付けず、良気や金運・繁栄を招き入れる働きがあるとされる。


九宮八門
 九宮とは、離宮・巽宮・震宮・艮宮・坎宮・乾宮・兌宮・坤宮、そして中央の中宮、八門とは、景門・杜門・傷門・生門・休門・開門・驚門・死門のことで、これにより吉凶の方角を占い、兵を動かしたとされている。また、勝利を呼び込む護符効果がある。

●サイズ/縦10×横20×マチ2.5cm
●素材/本体:牛革(縁部分/色漆仕上げ)、ファスナートップ:真鍮(メッキ、色漆仕上げ)
●中国製
●重さ/124g
●仕様/札入れ、内ポケット、小銭入れ、カード入れ×12
●化粧箱付き

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~[関連商品]~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 本革・黄金宝づくし財布        黒門式 シャンパンゴールド幸せの風水財布
 ¥19,900                  ¥19,800
        


 販売しているのは、ユニーク&実用性に富んだ商品を多数取り揃えている楽しい通販サイト「夢隊Web」様
     憧れの趣味モノから話題の生活雑貨まで勢ぞろい【夢隊web】



        



コードバンウォレット
 今回は、コードバンを材料とした財布を紹介しよう。

鞄や靴そして財布などの皮革製品は、どちらかと言えば牛皮革が一般に知られている。そんな中で、馬の皮革それもヨーロッパ等で食肉用に生産されている少数の農耕馬の臀部から採れる皮革がコードバンである。

この機械化時代に農耕馬は生産が激減しており、その希少性はますます高まっている。

通常の皮革製品は、ベースとなる革に表皮を貼り付けた二重構造で強度と手触りの良さを確保しているが、コードバンの場合はこの革だけを単体で用いるのが普通である。

コードバンの場合は、きめ細かな繊維が整然と並んでいるため、それだけで「なめらかでしっとりとした質感」を得ることができる。

このように、希少性と上質性から、「革の宝石」「幻の革」と表現されている。

紹介する財布は、ひとつひとつ丁寧に仕上げた二つ折り財布。

 国産ハンドメイド コードバンウォレット
 ¥19,950  

鏡のように光を反射させる独特の風合いと、艶やかな手触りはコードバンならではの良質なもの。

通常牛革を使用する内側にもしなやかなバッファローレザーを施し、外側だけでなく内側も材質にこだわった逸品。

オーナーに合わせてゆっくりと経年変化してくれるこの財布、これからは人生の相棒として楽しんで欲しい。

  
●カラー/12:ボルドー、20:ブラック
●サイズ(約)/縦10×横11×厚さ1.5cm(折り畳み時)
●材質/表:コードバン(馬革)、裏:水牛革、一部:ナイロン
●日本製
●重さ(約)/100g
●仕様/小銭入れ、カード入れ×4、札入れ×2

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~[関連商品]~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
ナチュラルコードバン多機能ウォレット  プレリー銀座ホーウィンコードバンウォレット
 ¥13,650                                    ¥36,750
                  


 販売しているのは、ユニーク&実用性に富んだ商品を多数取り揃えている楽しい通販サイト「夢隊Web」様
       ファッション雑貨から趣味モノまで大集合!【夢隊web】


         


帆布ショルダーバッグ
 外出するとき、小物類をどう持つか悩むときがある。

仕事上の外出なら専用の鞄(カバン)に何もかも入れるようにしているが、OFFにはそうも行かない。

少し古い話しになるが、消費税が施行されてから硬貨が増えた。金属だから当然重い。

当初は消費税反対の声もあったが今はない。税率が議論の対象で廃止論は全く聞こえない。政治のことは別にしても、硬貨入れが重いのは今後も続くだろう。

更に、最近は「携帯」なる機械を持ち歩くことが当たり前になってしまった。

私は両親が高齢なことと自営業を始めたことから仕方なく持つことにしているが。状況が許せば、こんな機械に振り回されるのはゴメンである。

持つものが多く重いため、上着のポケットに入れるのには無理がある。上着の型が崩れるし、その前に上着が重い。

三段論法のようになってしまったが、そんなことで、男の外出には小物を入れるバッグが要る。

*********************************************************
[関連商品]
ステッチオン縦型ハンド&ショルダーバッグ ペニッシュミント・グローブレザー2WAY縦型ショルダー
 ¥15,750                    ¥18,375
       

ミッシェル・クラン 財布
 Michel Klein (ミッシェル・クラン)は、1957年生まれのフランス人デザイナー。

彼の名を冠した「MICHEL KLEIN」ファッション・ブランドは、キャリア層女性を中心に確かな評価を得ている。

紹介する財布は、このミッシェル・クラン・ブランドの新作。フランスらしいシンプルで洗練されたデザインである。

また、「見てくれ」だけでなく、コンパクトながらカード入れや仕切りの付いた札入れ部分、そして蛇腹が付いて使いやすいコイン入れ部分など、実用性でも高く評価することができる。

未だに現金中心の日本。勘定時の仕草や道具もダンディズムの大切な小物と言える。

エレガントなデザインに確かな機能性を付加したこの品は、もはや「財布」ではなく「ウォレット」と呼ばないと似合わない。

大人のメンズに相応しい逸品である。

  ミッシェル・クラン 三つ折オイルレザーウォレット  ¥7,140 

  色は、ブラウン、カーキ、ブラックの三色が用意されている。

**********************************************
[関連商品]
ドルチェ・メディオ パンチング財布  マリクレール ウォレットコレクション  
 ¥1,500                  ¥16,800
       

Back to Top▲