<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
速攻湯沸しクイックポット
  災害時の生活では燃料消費を最小限に抑えたいもの。

携帯コンロなどの備えとがあれば、それでお湯を沸かしてカップ麺のような非常用乾燥食を食べることが出来るし、ご飯を炊くことだってできる。

ただ、緊急援助が何日後になるか分からない状況では、保存食とともに燃料も貴重な存在である。

できるだけ燃料の消費を抑えつつ必要な食事を摂るようにしたい。

紹介するポットは、なべ底が波形になっているのが特徴。この波形iにより火力エネルギーをしっかり受け止め、弱い火力でもしっかり加熱できる仕組みである。

 速攻湯沸し クイックポット
 ¥5,250

ちなみに、1リットルの水であれば、約4分で沸騰させることができるため、結果として燃料を大幅に節約することができる。

また、お湯を沸かすだけでなく、フライパンや鍋としても使用でき、さらには炊飯器としてご飯を炊くことも出来る。この汎用性は、アウトドアに便利なことはもちろん、災害時には強力に生活を支えてくれるはずだ。

   

           
   注ぎ口がありケトルとしても・・・        ご飯だって炊ける・・・





特殊形状「エコライン」


波形の突起(フィン)が表面積を広げ、熱効率が大幅にアップ。それにより、調理時間が短縮されてガス代も最大50%節約できます。


【画像提供:夢隊web】様
              
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~[関連商品]~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 速攻パスタ調理スクエアパスタパン   省エネ仕様 保温調理器「ほっとく鍋」
 ¥8,190                                  ¥10,290
                   


  販売しているのは、ユニーク&実用性に富んだ商品を多数取り揃えている楽しい通販サイト「夢隊Web」様

     ファッション雑貨から趣味モノまで大集合!【夢隊web】

       







ガス充填式 携帯用プチコンロ
  災害時、取り急ぎ必要なものはラジオによる情報と照明だったのは前回記載した。

次に必要なのは食事であった。幸い水道が止まらなかったのだが、料理するには熱源が必要だ。今主流になりつつある「オール電化」生活では、停電解消までお手上げ状態だ。

さて、何故かそんな文化生活に乗り遅れている我家はLPG仕様。ガスボンペからコンロまでの配管は短距離でもあり異常なかったため、ボンベにあるガスについては震災前と変わりなく使用できた。

この点はあり難かったが、震災以降全ての面で「危機管理」のフィルターを通して見る生活としては大きな不安を感じる。これが使用不能となったときの備えがないからだ。

米やカップ麺など水さえあれば食べることが出来る食材の保存と共に、できれば携帯用コンロも備えておきたい。

 ガス充填式 携帯用プチコンロ
 ¥9,450

このようなガスコンロがひとつあれば、燃料の量にもよるが何日かのサバイバル生活が可能だ。

フル充填で約550kcalの炎を約45分間燃焼させることができ、非常用の機器としては高い能力を持ちながら、最大幅が約17cmとコンパクトにできており保管場所もとらない。

燃料は市販のガスボンベから簡単に充填できる仕様で経済的にも優れている。

通常はアウトドアの便利なツールにもなるので、重宝しながら万一の備えになる機材である。

   

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~[関連商品]~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 手帳サイズの折りたたみ式バーナー  電気不要!何処でもお湯が沸く「アルポット」
 ¥6,825                                    ¥9,744
                 

  販売しているのは、ユニーク&実用性に富んだ商品を多数取り揃えている楽しい通販サイト「夢隊Web」様

        ファッション雑貨から趣味モノまで大集合!【夢隊web】

          











ラジオ付きライト
  「万が一」、今回の地震で痛切に感じた言葉である。

一年365日とすれば、10年で3650日。30年では1万日を超えてしまう。人生80年とすれば、約2.9万日生きることになる。

万が一を日数に置き換えると、一万日に一度大きな出来事に遭遇する可能性があると考えることができる。言い換えれば、人は一生のうち2.9回の「万が一」を経験することになる。

このように考えれば、「万が一」への備えは生きるうえで必要不可欠なことである。

そんな大事なことを、平素は何となおざりにしていたことか・・・・。未曾有の災害を目の当たりにして反省の言葉しか見当たらない。

災害時直後に必要なものは、「照明」「情報」。 これは今回の教訓である。

今回の地震ではすぐに停電となり、通常時最大の情報ツールであるテレビから情報を得ることは出来なかった。

普段、引出しや物置の片隅に忘れられている乾電池式の小型ラジオが唯一最大の情報源として活躍してくれた。あり難かった。

今回の教訓から是非検討したいのが、小型ラジオとライトが一体となった災害グッズである。

 NEW地震感知充電たまご
 ¥6,980

電力の供給のない中では乾電池式か充電式のラジオが唯一の情報源。停電時に日が暮れれば、携帯ライトが何とも頼もしい味方である。

このラジオ付きライトは、通常はAC電源で稼動/充電し、イザ災害時には充電池で稼動、その充電地が切れれば、手回しハンドルで充電することで機能を維持できる。

また、携帯電話の受電機としての機能も備えており、通信手段の確保としても威力を発揮するツールである。

防滴仕様も災害時の実用性に適している。

さらには、地震感知警報機能があり、熟睡時でも素早く災害を認識できる。普段は枕元においておくだけで、「万が一」への最初の備えになるだろう。

     

          
手のひらサイズに災害時に役立つ7つの機能
1. 地震感知センサー
 震度4程度の地震がきたらライトが点灯しサイレンが鳴り本体の場所がすぐに分かります。
2. 2電源充電機能(ACアダプター/手回し)
3.携帯電話充電
4.AM/FMラジオ・TV(1〜3ch)
5.高輝度LEDライト
6. サイレン
7.防滴仕様
               
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~[関連商品]~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ソーラーパネルモバイルバッグ    災害時に自動点灯 24灯防災LEDライト
 ¥26,800                    ¥3,990
        


 販売しているのは、ユニーク&実用性に富んだ商品を多数取り揃えている楽しい通販サイト「夢隊Web」様
      ファッション雑貨から趣味モノまで大集合!【夢隊web】   

                    





LED乾電池式センサーライト
  3.11大震災からもう9日が経過した。被災地での救助と平行して被災者の生活支援が始まっているのだそうだ。
  被災者へのお見舞い

どちらも大切だ。被災者はもちろん救援の方々に心から応援したい。

ところで、被災地と被災地周辺の生活は徐々に平常化すると思うのだが、現実は反対方向に向かっている。

ほぼ陸の孤島と化した東北地方には物資が入ってこない。タンクローリーは全く目にしない。制限速度を厳格に維持するコンビニの専用配送車もいないので、国道を走行してもストレスがない。

どうして物流が止まるのだ。

こんな非常時だからこそ国を挙げて被災地とその周辺地に豊富に物資を届けるべき・・・。と思うのは私だけなのか。

被災地では窃盗被害が多発していると言う。事実、被災地の親戚からもそのような深刻な実態を聞き及んでいる、警察ではパトロールを強化するとの報道であったが、そんなものでは解決しないだろう。

窃盗の原因が、物資不足により「止むにやまれぬほど追い詰められていること」が原因だからである。

早急にこの物資不足の解消を図って欲しいのだが・・・。国と行政の強力な指導と、業界の柔軟な対応が望まれる。もう、切迫しているのだ。

さて、目の前の窃盗だが、自宅や経営している店舗/事務所などを無人にしないことが基本としても、時間的に物理的に無理な場合もある。また、有人の場合でもできれば窃盗犯人と遭遇したくない。いきなり強盗に変貌する可能性があり危険極まりない。

 3W LED乾電池式センサーライト
 ¥7,980

このセンサーライトは乾電池式なので、ソーラー式のように天候による機能むらがありえないと同時に配線を考慮しないで設置できる。

さらに、通常のセンサーライトのほかに強力なフラッシングモードが付加されており、探知時に高速点滅する本体の赤色LEDとともに強力な威嚇効果が期待できる。

平常時ならソーラータイプや通常電源タイプがおススメだが、通常電源も通じていない異常な環境では、より起動が確実な乾電池式をおすすめする。

    

   
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~[関連商品]~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 広範囲を照らすLEDソーラーセンサー      配線ラクラクセンサー式忍者ライト
 ¥8,190                     ¥13,650
         


 販売しているのは、ユニーク&実用性に富んだ商品を多数取り揃えている楽しい通販サイト「夢隊Web」様
      憧れの趣味モノから話題の生活雑貨まで勢ぞろい【ゆめたいweb】

                
防災クッション
                【画像提供:夢隊web様】
  

 「災害は忘れた頃にやって来る。」の言葉が身に沁みる。 

「東北地方太平洋沖地震」が正式名称だが、「・・・震災」とした方が相応しいような気がする。単なる地震とは訳が違うのだから。
  東北地方太平洋沖地震のお見舞い

東北地方へは被災地でなくとも物流が滞っている。何故だ・・・。鉄道は未だだが、道路は通じているのに物が来ない。

報道されていないが、ガソリンや食料の買いだめが起こり、ガソリンスタンドはガス欠のため休業。スーパーの食品もほとんどない。陳列している商品がなくなると品切れなんだとか。

このままだと、食うものが無くなるのではないかと心配だ。日本は先進国だったはずだ。

今は防災グッズの必要性を痛切に感じている。災害がある度に備えの必要性を感じながら、万全を期すには程遠い状態を反省しなければならない。

防災グッズは、イザと言うとき素早く持ち出せるようになっていることが原則なのに、普段使わないため、何処かにしまいこんでいる家庭が多いらしい。

それなら、逆転の発想で、何時でも使っているのはどうだろう。

 防災士推薦 防災クッション オリジナルセット
 ¥12,075

これは普段クッションとして使用するのだが、その中には災害時にすぐに役立つ8点アイテムを装備している。そのため、イザという時には簡単に持ち出しできる。

内用されているのは、クッション:収納袋型、簡易トイレ:男女/大小便兼用型、吸水量:約1000cc、水戻り餅・保存用飲料水:製造より5年保存可能、手回し充電ラジオライト機能:ダイナモ発電(電池不要)、携帯電話充電機能(docomo、au、softbankに対応)、AM/FMラジオ、3灯LEDライト、サイレン/点滅灯

いずれも防災士がセレクトしたもので実用的なものである。


      

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~[関連商品]~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 エマージェンシーツールキット      厳選防災セット
 ¥6,300                     ¥13,650  
       

  
  販売しているのは、ユニーク&実用性に富んだ商品を多数取り揃えている楽しい通販サイト「夢隊Web」様
      憧れの趣味モノから話題の生活雑貨まで勢ぞろい【ゆめたいweb】

                 

Back to Top▲